ホーム >> スーパー次亜水って?>> 環境負荷

環境負荷を減らす

従来から使用されてきた次亜塩素酸水はアルカリ性であり、排水する前に大量の中和剤を使用する必要がありました。
また高濃度で使用されていたため、環境に与える付加も大きかったのです。スーパー次亜水は環境に与える負荷が極
めて少ないため、環境対策にもご活用いただいております。それでは、環境負荷が少ないとはどういうことでしょうか?

残留性

スーパー次亜水は残留性が低く、環境を汚染しません。それは優れた自然分解性をもっているからです。

1.有機物接触で分解
排水中、自然環境中に存在する有機物に接触すると、分解されます。

2.乾くと分解
次亜塩素酸は水中でしか存在しないため、スーパー次亜水は乾くと分解されます。

3.紫外線で分解
次亜塩素酸は紫外線に長時間さらされると分解されます。

低濃度で使用

スーパー次亜水は除菌効果が高く、次亜塩素酸ナトリウムより低濃度(約5分の1)で使用できるため、環境負荷を
減らすことができます。

中和処理が不要

高濃度で使用されてきた従来の次亜塩素酸ナトリウム水は、浄化槽のバクテリアに影響があったので、中和処理が
必要でした。スーパー次亜水は弱酸性・低濃度であり、また自然分解性が高いので、中和処理が不要です。
※大量にスーパー次亜水を使用される場合は、中和処理をお勧めしています。