ホーム >> スーパー次亜水って?>> 比較表

強酸性水と弱酸性水の比較
  強 酸 性 水 スーパー次亜水
フロー図 強酸性水 弱酸性水
概 要 食塩水を電気分解することにより、塩素ガスと次亜塩素酸を含む殺菌水を生成するシステム。 強力な殺菌力を有するが、塩素ガスを発生してしまうので低濃度でしか使用できない。 そのため一部殺菌できないものがある。 食品添加物である次亜塩素酸ナトリウムを、一定濃度に自動希釈しその水溶液のペーハーを、 希塩酸を微量混合し弱酸性に調整した水溶液を、自動生成するシステム。弱酸性にすることにより、 低濃度でもあらゆる菌を除菌できる除菌力を有し、塩素ガスの発生もない。
1 殺菌力 強い殺菌力を持つが、芽胞菌に対しては十分な効果が得られない場合がある 芽胞菌を含め強い除菌力を持つ
2 食材殺菌の適用 食品添加物指定(平成14年認可) 食品添加物
3 残留性 なし なし
4 有効期限 × 2〜3日
(塩素ガス発生のため劣化速度が早い)
1ヵ月
(ガス化しないため持続性がある)
5 排水処理への影響 × 塩素は消滅するが低pHの状態が残り排水施設に影響あり下水道放流には、中和作業が必要 有機物と反応して失活するので、排水施設には影響なし
6 金属腐食性 × 低pHによる腐食性が大きくステンレスでも錆びる 鉄製品については注意が必要だが、SUS316ステンレスは問題ない
7 有毒ガス発生 塩素ガス発生 ガス発生のないpH領域のためガス発生なし
8 手荒れ 多少あり なし(稀にある程度)
9 食味変化 × 低pHによる腐食性が大きくステンレスでも錆びる 鉄製品については注意が必要だが、SUS316ステンレスは問題ない
10 製造装置 × 電解による生成量が少ないためタンク併設となり設備が大きくなる 生成器本体のみで大量吐水可能
11 生成能力 × 最大毎分6リットル程度
(元止め式、水量固定式)
機器のより毎分10リットル〜100リットル
(先止め式、流量可変式)
12 ランニング
コスト
維持管理性
× 高い 安い生成器本体の維持管理のみで可能
13 イニシャル
コスト
システムが複雑になりコストが高くなる(それぞれの機器に維持管理費用が発生する) システムは簡単だが、
1台の単価としては割高
14 生成コスト 食塩の補充のみで安価 次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を使用
総合評価 最も一般的なシステムで生成コストが安価であるが、周辺機材等に大きな対応が必要となる。 除菌力に優れ、周辺設備に対する問題もなく安全である。イニシャルコストは多少かかるが、システムが簡単で維持管理しやすい